▲トップへ戻る

Uchino Lifestyle Designing タオルの内野 - 内野株式会社

タオルの知識

パイル糸抜け

パイル糸抜け

タオルのパイルは、タオルの長さの5~8倍の1本の糸を、ループ状に弛ませ横糸で挟むことによって形成されているため、強く引かれると抜けてしまう場合があります。

タオルの組織は洗濯と乾燥によって収縮するため、洗濯を繰り返す事でパイルは抜けにくくなりますが、新しいタオルや柔軟剤によって糸が滑りやすくなったタオルは、使用や洗濯の際に何かに引っ掛けたりすると、パイル糸が長く引き出されてしまいます。

  • タオルのパイル糸抜けは構造上避け得ないものですので、ご使用やお洗濯の際は突起物に引っ掛けたり、強い摩擦を加えないようご注意下さい。
  • 特にパイルの長いタオル、薄手のタオル、片面ガーゼのタオルなどはパイル糸が抜けやすいのでご注意下さい。

メニュー