▲トップへ戻る

Uchino Lifestyle Designing タオルの内野 - 内野株式会社

タオルの知識

タオルの織り方の特徴

一般的な織物とタオルの違いは、経糸と別にパイル糸があることで、この糸をテリーモーションと呼ばれる特殊な動作でループ状に弛ませ、パイルを形成します。

通常の織物は1本1本の緯糸を筬で強く打ち込むのに対し、テリーモーションは2本の緯糸を少し間隔を空けて打ち込み、3本目の緯糸の投入と同時に3本まとめて筬で打込みます。

通常の織物は経糸を強く張った状態で織り上げていきますが、タオルの場合は地経糸を強く張り、パイル糸を緩めに張ることで、筬打ちの際に3本目の緯糸がパイル糸と絡み、筬のストローク分だけ引っ張られたパイル糸が弛み(ループ)を形成します。

ジャカードとドビー

織機の開口運動を制御する装置はジャカードとドビーの2種類があります。

ジャカード織機

ジャカードはタテ糸1本1本を自在に動かせるため、パイル糸を使った自由なデザイン表現が可能です。

ドビー織機

経糸をいくつかグループに分け、そのグループ単位で動かすため、チェックなどの直線的なリピート柄や無地を織るのに使われます。

織機までの工程(後晒の場合)

準備工程①

ワーピング

準備工程②

サイジング

製織工程

織機

LINEで送る

メニュー