▲トップへ戻る

Uchino Lifestyle Designing タオルの内野 - 内野株式会社

タオルの知識

タオルの歴史

世界のタオルの歴史

  • 1811年頃

    フランスでタオル製造に必要なテリーモーション原理を考案。

  • 1850年

    イギリス人ヘンリー・クリスティーが、トルコの手工芸品であった「ターキッシュタオル」を参考にループパイルを持つタオルをつくりだす。

  • 1864年

    アメリカがタオルの工業生産をはじめる。

  • 1872年

    日本にはじめてタオルが輸入される。

  • 1880年頃

    大阪の井上コマが手織り織機でパイルを織り出す手法を考案。

  • 1887年

    中井茂右衛門により、テリーモーションによる機械での製織方法が完成。日本のタオル界に画期的な変革をもたらす。

  • 1900年頃

    日本国内でも盛んにタオルが作られはじめる。

  • 1930年頃

    バスタオルやガウンなどのタオル製品が生産され始める。

UCHINOのタオルの歴史

  • 1950年

    <日本初>ジャガードで名入れタオルを作る。

  • 1956年

    <世界初>プリントタオルを発売。

  • 1964年

    東京オリンピックのオリジナルタオル発売。

  • 1970年

    <日本初>スポーツタオルを発売。

  • 1976年

    <日本初>本格的なタオル地の縫製品を発売。

  • 1977年

    <日本初>無撚糸のタオルを発売。

  • 1983年

    <日本初>タオル素材のマフラーを発売。

  • 1984年

    <日本初>タオル素材の甚平を発売。

    <日本初>タオルチーフを発売。

  • 1992年

    <日本初>100×200cmサイズのドでかタオルを発売。

  • 1994年

    <日本初>伸縮性に優れたストレッチヘアタオルを発売。


メニュー