▲トップへ戻る

Uchino Lifestyle Designing タオルの内野 - 内野株式会社

タオルの知識

タオルの正しい洗い方

使ったら放置しないですぐに洗うこと

洗濯物から発生する不快なにおいは、洗濯で落としきれなかった汚れが原因であると言われ、一度においが出てしまうとなかなか消すことができませんが、防ぐ方法はあります。

それは、使用後は放置せず速やかに洗い、汚れを残さないこと。汚れの度合いによって洗濯の時間や水の量、すすぎの回数も変えましょう。

汚れのひどいものやタオルはほかのものと分け、多めの水と適量の洗剤で洗い、すすぎの回数を多くするだけで、部屋干ししてもにおいが出にくくなります。

洗濯は水多め、すすぎの回数も多め

洗濯は水多め、すすぎの回数も多め洗濯は水の中で洗濯物が大きく動くほど汚れ落ちが良く、また洗濯物同士が擦れ合って傷むことも少なくなるため、たっぷりの水で洗うことが重要です。

特にタオルは汚れ以外に毛羽の脱落もあるため、洗濯機の中でタオルを泳がせるくらいの水量で洗うのが理想と言われています。実際にはそこまで水を多くすることは難しいと思いますが、水の量は洗濯機まかせではなく、洗濯物の体積に見合った量に調整し、水の中で洗濯物がよく動くようにして洗いましょう。

脱水は絞りすぎず適度に、放置にも注意

たっぷりの水で洗ったあとは、絞りすぎない程度の脱水がポイントです。

脱水は洗濯物を遠心力で圧縮するため、脱水が強すぎるとタオルのパイルがつぶれてやわらかさがなくなってしまいます。さらに脱水したまま放置すると、圧縮されたままの状態で表面が乾いてしまい、元に戾りにくくなってしまいます。

特にやわらかいタオルほど圧力に弱く乾きも速いので、洗濯が終わったら速やかに取り出し、よくほぐしてから干しましょう。

洗濯前

洗濯前

脱水後

脱水後

硬くなったら適量の柔軟剤でやわらかさを回復

柔軟剤は、使い込んで硬くなったタオルをやわらかくするのに効果的ですが、繊維自体をやわらかくするわけではなく、表面をなめらかに整えるものなので、新しい製品に使用しても思ったほどの効果が得られず、逆に水を吸いにくくなったり、繊維が滑って抜けやすくなったりする場合があります。

ですから、柔軟剤はタオルが硬く感じられるようになってから使うのが効果的です。

さらに毎回使い続ける必要はなく、硬いと感じたときに使うだけでも充分です。

また、最近は香り付けの目的で使われる方も多いようですが、タオルに香りを付ける場合は、精油が配合されたアロマスプレーもおすすめです。

タオルを快適に使っていただくために

タオルの正しい洗い方のほか、タオルの乾燥方法やタオルの保管方法にもそれぞれ注意点やコツがありますので参照してください。


メニュー