▲トップへ戻る

Uchino Lifestyle Designing タオルの内野 - 内野株式会社

タオルの知識

機能性タオル

抗菌防臭加工

繊維製品に抗菌性能を付与することにより、菌の増殖を抑制して、悪臭の発生を防止する加工。
汗や汚れを栄養源として細菌(一般的には黄色ブドウ球菌)が 増殖すると、それにともない悪臭が発生するため、人体には影響の無い、おだやかな殺菌作用を持つ薬品を繊維に付着させています。
薬品には、有機系(キトサン、ヒノキチオールなど)と無機系(銀、ゼオライト、界面活性剤など)があり、非常に多くの種類がある。一般に有機系は耐久性が低く、無機系は抗菌効果、耐久性の両方に優れると言われています。薬品によって効果の範囲は異なり、悪臭の原因となる黄色ブドウ球菌やそれと同等の細菌だけに効果があるもの、大腸菌や肺炎桿菌、緑膿菌などのに対しても効果のあるものなど、さまざまな種類があります。

抗菌防臭加工商品

抗菌防臭加工商品

紫外線遮蔽(UVカット)加工

紫外線遮蔽(UVカット)加工とは、紫外線を吸収もしくは反射することによって紫外線を遮断し、人間の皮膚への到達を減少させる加工です。化粧品などではすでに使用され商品として販売されています。また近年オゾン層破壊問題によって、一部の衣料品におけるこの加工が一躍注目をあびるようになりました。世の中に普及している紫外線カット加工衣料品としては主に夏物薄地衣料(Tシャツなど)やスポーツシャツなどが多く、その他日傘や帽子などにも加工を施したものが出ています。
現在開発されているUVカット加工には、大別して2種類の方法があり、一つは、紫外線吸収剤を繊維に付与する方法、もう一つは、紫外線を反射する微粒子物質を繊維に加えて光線をカットする方法。綿などの天然素材には吸収剤による加工が一般的です。

UVカット加工商品

UVカット加工商品

LINEで送る

メニュー