▲トップへ戻る

Uchino Lifestyle Designing タオルの内野 - 内野株式会社

タオルの新定義
赤ちゃんの口にふれても安心・安全。国際的な安全性規格「エコテックスクラス規格100 クラス1」

世界レベルの安全性

エコテックス規格100(Oeko-TexStandard100)とは

エコテックス規格100は、欧州を中心に世界24カ国の試験研究機関で構成するエコテックス国際共同体(事務局:スイス)が定めた、繊維製品に対する国際的な安全基準です。

エコテックス規格100(Oeko-TexStandard100)は、繊維製品から有害物質を排除する目的で発足した国際安全規格です。

縫製製品に含まれる可能性のある有害物質を自主規制し、安全性を認証するものです。エコテックスの認証を受けた製品は、人体に対して有害もしくは有害と考えられている化学物質が含まれていないことが確認されています。

エコテックス規格100認証は、世界中の法律や自主規制によって使用が禁止または規制されている化学物質に対して検査、分析を行い、全てが規制値以下であることが確認されたものに対して与えられます。

つまり、あらゆる検査と分析により、繊維製品の安全性を認証するシステムです。

エコテックス規格100の認証分野

エコテックス規格では、用途別に4つの分類で規制値を設定しています。乳幼児対応のクラス1がもっとも厳しい基準となります。

クラス1  36ヶ月までの乳幼児用 クラス2 肌に直接触れるもの クラス3 肌に直接触れないもの クラス4 装飾用の目的で使用するもの

エコテックスの認証を取得するには、以下のような内容が要求されます。

  • 1. 人体に影響を与えないph値であること
  • 2. ホルムアルデヒドが規制値以下であること
  • 3. 人体に有害な貴金属の含有量が規制値以下であること
  • 4. 残留農薬が基準値以下であること
  • 5. 有害なフェノール類が規制値以下であること
  • 6. フタレート(可塑剤)が規制値以下であること
  • 7. 有機スズ化合物が規制値以下であること
  • 8. 特定芳香族アミン類24種が規制値以下であること
  • 9. 発がん性染料が使用されていないこと
  • 10. アレルギー性誘発性染料が使用されていないこと
  • 11. フッ素系物質が規制値以下であること
  • 12. 塩素化ベンゼン、トルエンが規制値以下であること
  • 13. 多環芳香族炭化水素24物質が規制値以下であること
  • 14. 抗菌加工剤、難燃加工剤が使用されていないこと(一部除外あり)
  • 15. 有機溶剤、界面活性剤が残留しないこと
  • 16. 染色堅牢度が良好であること
  • 17. 乳幼児製品については唾液堅牢度が堅牢であること
  • 18. VOCが規制値以下であること
  • 19. 異常な臭気が無いこと
  • 20. アスベストを使用していないこと

認証を取得するためには、申請した認証範囲と全ての製造工程、染料、加工剤を網羅するように代表サンプルを選び、上記項目について検査、分析を受け、指定したクラス(製品分類)の基準値を全て満たすことが要求されます。

さらにこの認証を継続するためには、1年毎に全ての認証商品を網羅するように原材料と染料、顔料を選んで検査、分析を受け、基準値を全て満たすことが要求されます。


メニュー